新着情報

アベマTVに出演

昨日放送されたアベマテレビのお昼のニュース番組で、糖質制限と脂質制限のダイエット効果について解説しました。
 
カロリー摂取量が同じなら、減量効果はほぼ同じであること。
 
また、糖質制限と脂質制限の利点や欠点についても解説しています✨
 
フル動画はこちら↓
 

【対がん協会共同作成】運動の冊子が増刷されました

以前、執筆を担当した「乳がん経験者向けの運動の重要性」に関する冊子が、多くの方にご好評いただき、新たに増刷され全国のがん拠点病院等に設置されています。

この冊子は、エビデンスに基づいて「なぜ運動が大事なのか?」を分かりやすく解説しています。全てのページで参考文献も付けており、分野トップジャーナルから引用するようにも心がけて作成した1冊です(運動の効果を支持する論文は多く、様々な学術雑誌でポジティブな効果が報告されています)

冊子は、マンマリアツキジの待合室横にも設置していますので、ご覧いただけると幸いです✨

WEB版はこちらからご覧いただけます↓

https://www.jcancer.jp/wp-content/uploads/enlightenment_booklet3.pdf

 

入会金割引&友達紹介キャンペーン開催中

3月17日(日)までの間、リオールジムは入会金約4割引きのキャンペーンをおこないます。
ジムのご入会手続きは全てウェブになりますが、手続き時に自動的に入会金が約4割引きになるよう設定しております。
 
 
お申し込みはこちら
 
 
また、友達紹介キャンペーンも実施中です。リオールジムの会員様にご紹介いただき、新たにジムにご入会された方がいらっしゃる場合、ご紹介者様にAmazonギフトカード2,000円分をメールにてお送りします。紹介数に制限はありません。

【140人参加】登山のウェブセミナーを開催

登山ガイドで乳がん経験者の進藤麻紀子さんを特別ゲストにお招きし、初心者向けの登山のためのウェブセミナーを開催いたしました。

 

212名からご応募・当日は140名超にご参加いただき、大盛況のイベントとなりました。ゲストの進藤様およびご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます。

 

Yahooニュースに掲載されました

乳がん経験者向けの運動に関する記事がYahooニュースや共同通信など34のメディアに取り上げていただきました。

記事の全文はこちらからご覧になれます

 

【先着200名】初心者向けの登山やハイキングウェブセミナー開催

2024年2月16日(金)夜8時からZOOMにて、初心者向けの登山やハイキングのウェブセミナーを先着200名で開催いたします。
 
ゲストは乳がん診断後にエベレストなど世界7大陸最高峰に登頂された進藤麻紀子氏です。
 
本セミナーでは進藤氏に、乳がん治療と登山の両立のための工夫や、初心者向けの登山やハイキングの注意点などを解説していただきます。
 
登山は、疲れにくい体づくりやメンタルヘルスの改善にも効果的であることが複数の研究で報告されており、とてもオススメのイベントです。
 
本イベントは全てのがん経験者、ご家族・ご友人が対象になっており、周りの方で登山に興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひお声かけください✨
 
参加お申し込みはこちらより。
 

乳がんと運動の冊子、無料公開中です

こんにちは、奥松トレーナーです。

日本対がん協会と共同で作成した、乳がん経験者向けの運動の冊子(全3冊)がWEBで無料公開されています。

以下のリンクから、それぞれの冊子を無料でダウンロードできます。

乳がん経験者のための運動や食事の基礎知識について

 

なぜ、乳がん経験者にとって運動が重要なのかについて

 

乳がん経験者のための筋トレの適切な量やタイミングについて

 

また、マンマリアの受付横のスペースには冊子も置いてありますので、見かけた際にはぜひ手に取ってご覧いただければと思います。

 

乳癌学会で発表しました

先日開催された乳がん学会にて、乳がん経験者向けのパーソナルジムの取り組みを発表しました✨

トレーニングに6回以上参加された方は、平均で体力が約70%上がったという内容です🍀

より良い運動プログラムをお届けできるよう工夫を重ねていきますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

論文がイェール大学@米国の研究チームから引用されました

以前、奥松らが執筆した乳がん経験者向けの運動に関する論文がアメリカのイェール大学の研究チームの論文に引用されました。

聖路加病院に通院されている乳がん経験者を対象に、3か月の運動プログラムをおこなうことで、持久力が着実に上昇するという旨の研究です。

イェール大学からは毎年、がんと運動に関する研究が多数出ており、私達がおこなった研究ががんと運動分野の発展に貢献できたことを嬉しく思います。

イェール大学の研究論文はこちらからご覧いただけます。

Akingbesote ND, Owusu D, Liu R, Cartmel B, Ferrucci LM, Zupa M, Lustberg MB, Sanft T, Blenman KRM, Irwin ML, Perry RJ. A review of the impact of energy balance on triple-negative breast cancer. J Natl Cancer Inst Monogr. 2023 May 4;2023(61):104-124. doi: 10.1093/jncimonographs/lgad011. PMID: 37139977.

 

TOPへ